[番外編]

時々、単身赴任中の妻(世間一般とは逆)が帰ってきますが。

現在はネコと二人暮らしです。

 

メインクーンの黒のオスネコです。

 

留守番ネコなので、寂しが ...

[心理 / 身体]

臨床に役立つ、とても良い本です。

以前から、はっきりとした原因がないのに、体が動かないと訴える患者さんがいます。

現在も2名の方を診ています。

精神科でいう、転換性障害と診断していましたが、 ...

[心(実存) / 心理]

気にしない能力って高度な能力だと思います。

 

人には誰にでも「この偉大な私が否定されるなんておかしい」と思う、

“慢”の煩悩がありますから。

すぐ、心の中でカチンときます。

[心理]

2014年に流行りましたね。アドラー個人心理学。

仏教の教えと通じるところがありますね。

 

20歳ごろ、周囲にとやかくいわれることや、どのように思われているかが気になる自分を

[心理 / 身体]

よい本です。

腰痛の「恐怖回避思考」の影響について述べています。

転換性障害の診察の仕方はとても参考になりました。

 

しばしば、医師の言葉によって、痛みは慢性化し、難治化しま ...

[心理]

慢性の痛みの臨床は、心の臨床と一致します。

決して、薬物のみで治すものではないようです。

 

永田勝太郎先生は「生きざまの痛み」とおっしゃっていました。

 

[心身医療]

15年ほど前、目の前にいる、診断と治療が困難な患者さんを

何とか救いたいと思い、

たまたま、出会ったこの2冊の本が、

私の心身医療への入り口でした。

何度も、何度も、読み返し、実践を試み ...

[心(実存) / 心理]

仏陀の教えやお坊さんのお話しが心に響きます。

この本の内容は易しく語られるも、心の深いところに触れるいい本です。

セブンイレブンで購入しました。

 

内容の一説…。

[心身医療]

親の教えは偉大だとつくづく感じます。

 

いまだに、仕事の基本精神に根付き、仕事のスタンスを形作っているようです。

中学もろくに出ず、戦後のどさくさで18歳で教師になった父は。

[]

身体-心理-社会-  の医療モデルで、

このは、身体的不調、心理的不調、社会的不調をも乗り越えることができる、

人の秘めた、奥の深い、精神の力を表しています。

池身先生は 、永田先生は と提唱してい ...